日本企業の
“いままで”と“これから”

今まさに大きな岐路に立たされている日本企業。
変わりゆく市場に、私たちはどう適応していくべきなのでしょうか。

縮小を始める日本の市場

戦後、他に類を見ないスピードで経済成長を遂げた日本。
「作れば売れる」時代には、「生産性」が何よりも重要でした。
しかし近年、市場は同じようなサービス、同じようなモノで溢れ、それぞれのライフサイクルも非常に短くなっています。
作る「だけ」では売れない時代がやってきました。

デジタル化するコミュニケーション

近年では、様々なデバイス、チャネルを通じて情報を得ることができるようになりました。
モノを買うというプロセスの入り口は、多くの場合デジタルへと移行。
営業が顧客と対面するよりもずっと前の段階から、すでに「営業活動」は始まっているのです。

選ばれ続ける企業であるために

いま、企業に求められているのは、これまでのように資本や人材に依存した活動量の追求ではありません。
大事なのは、「選んでいただく」ための市場やターゲットを選定し、適切な顧客体験と媒体を通して市場とコミュニケーションするためのしくみを創造していくこと。
つまり、「マーケティング」なのです。

創造性と多様性

データを分析し、それに応じた戦略を立案する。
メッセージやデザインを生み出し、良質な顧客体験を追求する。
多様な人材と創造性のもとでマーケティングのしくみを構築し、デジタル時代の新しい営業組織に生まれ変わりましょう。

マーケティングで、「はたらく」を変える。

いま日本企業に求められる、働き方改革。
多様な人材が活躍する、顧客に選ばれ続ける企業へ。
変革の鍵は、マーケティングにあります。

BtoBマーケティングがあなたにもたらす変化とは?

エムエム総研のマーケティングフィロソフィー

エムエム総研の提供するBtoBマーケティングサービスには、3つの柱があります。

組織作りの鍵は、ここにあります。

Contact Us

お問い合わせ

サービスやソリューションにご興味がございましたら
お気軽にお問合せください

お問い合わせはこちら