Interview

  • 「仕事に対してこんなに
    前向きに働ける会社もあるんだ」
    と憧れました。

  • 綿貫さん 綿貫さん
  • ビジネストランスフォーメーション Div
    カスタマーサクセスグループ所属
    綿貫 亮祐 [2017年 入社]

  • 2017年度に入社し、一度は転職をしたがエムエム総研で実現していきたいことがあり、再度入社。
    エムエム総研入社前は経理やフリーのライターとして働いていた異色の経歴の持ち主。
    現在はマーケティングだけでなく、その後のお客様の支援や社内の研修体制の充実に向け、日々躍進している。

エムエム総研は頑張りたい人に
チャンスを与えてくれる会社

新卒で入社した会社では、営業志望でしたが経理に配属になり経理の業務を行っていました。
その後「好きなことで食べていきたい」とフリーライターとして活動をしていましたが、
今後のキャリアを考えた時に再度会社に入って働こうと転職活動を始め、エムエム総研に出会いました。
もともと組織に属して仕事をする、ということにあまりいい印象がありませんでしたが、
エムエム総研の会社説明会で「こんなに仕事に対して前向きに目標も持って働いていて、組織で自分の役割を果たしながら輝ける会社もあるんだ」
と憧れを持ち、自分もかっこいい大人になりたいという思いを持って入社を決めました。
チャレンジをさせてもらえる環境と、それを体現してきた人たちがいる会社で働きたいという気持ちになったのを覚えています。

再度入社をした理由は、裁量を持てる環境で業務を成し遂げていきたいことと、
もっとエムエム総研に貢献できることがあるんじゃないかという考えがあったからです。

再入社後は、マーケティング担当として仕事をはじめ、その2か月後に新卒の後輩が入社しリーダーとして指導する立場になりました。
その際にも「なぜその仕事がやりたいのか?」「どのようにコミットしていくのか」を話し合う場をいただき、そんなところにもとても感謝をしています。

自分の想いを正面から聞いてくれる方が多く、頭から否定したりせずにきちんと受け止めてもらえる会社です。

  • クライアントへの提案は
    フラットな立場で幅広いアプローチが可能

    私の所属するデマンドセンターはマーケティングチームとインサイドセールスチームに分かれています。
    マーケティングでは見込みのあるお客様との接点を作るため、ウェビナーの活用やメルマガ・メディア運用、弊社のサービスを活用したいお客様を見つける業務を。
    インサイドセールスでは接点を作ったお客様に対してコミュニケーションを図り、ご提案を行っています。

    私自身は、リーダーとしてデマンドセンターで4人を統括しつつ、戦略的に企業の「デジタル化」を後押しするツールのアプローチを行っています。

    エムエム総研は多種多様なツールを取り扱っているため、お客様に合ったツールの選定を行える中立的な立場なことも強み。
    お客様により良いものを贔屓なくご案内することができるのもエムエム総研のいいところです。

  • 綿貫さん

PDCAを回し、自分なりのスタイルを確立させていく

「インサイドセールス」という立ち上がったばかりのサービスでの仕事は、正直不安もありました。
ただ、前例がないといっても中身を分解していくと部分的に参考にできる案件や先人が見つかるため、
「この業務はこの人が経験しているからこの人に聞こう」と意見を聞きに行ったり、できる人の仕事を真似しました。
その結果でやり方を取捨選択し自分なりのスタイルを確立させて業務を行い成功体験を得てきたので
経験を積むと共に自信をもって仕事を行うことができました。

知見を持った方々に話を積極的に聞いて回り、まずはそれを素直に実行してPDCAを回していく。
エムエム総研は知見の出し惜しみをしない人が多く、
会社によっては「自分がこの仕事を教えることによって自分の仕事がなくなってしまうのではないか?」と教えてくれない方も多い中、
この会社にはそういう人が少ないのもエムエム総研の特徴だなと思っています。
分野が違う職業の方達からも得るものがあるため、様々な部署に話を聞きに行く環境を作ることを心がけています。

  • 綿貫さん
  • 様々な分野に精通しているエムエム総研だから
    ハイクオリティなサービスを提供できる

    以前はセミナー開催時の告知で使用する広告のデザインは全て自分たちのチームで作成していました。
    しかし、「あまりノウハウもない中でこれでいいのかな」という不安がありました。
    そんな時、他部署の方とコミュニケーションを取るうちに社内のクリエイティブチームの方が「デザインやろうか?」と声をかけ担当してくださることになりました。
    その他にも「新しいサービスのリリースしよう!」となった際も、サービス名を社内のコピーライターやデザイナーが協力して一緒に作ってくれました。
    社内にいる様々な分野のプロが協力してくれるため総合的なクオリティも上がり、サービスの質も向上します。

    エムエム総研は自由でいろいろなチャンスを与えてもらえる会社ですが、「チャンスは与えたからあとは一人で頑張って」という感じではなく「せっかくやるんだから成功させようよ!」とみんなが積極的に輪に入ってくれますね。

「そういう道もあるんだ」新たな可能性を示していきたい

エムエム総研で人材を採用、研修・教育をして企業に出向するビジネスモデルは2017年発。
育成した人材がお客様のもとへ出て、その先でノウハウや技術の向上を果たしエムエム総研にまた戻ってくる。
成長した人材がエムエム総研に戻ってまた貢献してほしい。

そういう想いで、私自身が社内でもっと活躍をして「そういう道もあるんだ」という新たな可能性を示していきたいと思っています。
今後は自分の業務だけでなく、それを行っていく姿勢や実績を通して、自分を入社させてくれたこの会社に恩返しをしていきたいです。

Other Interview

Page Top